« 2005年10月 | メイン | 2006年01月 »

2005年11月02日

東証のシステム障害

私、株取引は一切やっていません。
本来なら「どーでもいいや」って
タイプのニュースなんだけど。

気になる。

なんでって?
それはソフトウェアに起因する障害だったから。

ソフトウェア技術者って冷遇されてるよね?
気のせい?
ただの被害妄想?

・・・そうは思えないんだけど。

技術者ってか、
ソフトウェアそのものが軽視されてるような・・・。

端末デザインなんかも含めた、
ハードウェアは目に見えるものだから、
お金をかけた結果が一目で分かるのだろう。

ソフトウェアは目に見えないからね、
どこにお金が消えてるのか分からず、
ただの金食い虫に見えるのだろう。

ソフトがなければ、ハードなんてただのハコなのにね。

あんなに苦労して作ったのに、
そこにあって当然なんて扱われて。
報われないよね。
ハコのほうはチヤホヤされてさ。

・・・ちょっと愚痴ってみた。

しかし、システム開発者の悲鳴が聞こえてくるようだ。
もうホントに大変だろう。
容易に想像できる。
昼も夜も休みもなく、お祭り状態なのだろう。

不具合をなくせって?
だったらもっと金と時間をよこせ。
完璧なものを作ろうとしたら、お金がかかるのだ。

動いて当然?
どうしてそんなことが言えるの?
誰かが苦労して作ったものなんだよ。

ソフトウェア技術者って
そんな状況でがんばってて、
頭悪いか、
マゾなのかな。

未来はあるのかな。
なくなりはしないだろうけど、
報われる日は来ないんだろうな。

使い捨てカイロ。
そんな言葉が浮かんできたりする。
自分はつくづくニートなんだろうか。

「今さら。」
「もう遅い。」
日々高まる圧力にそんな雰囲気を感じ取ったり。
考えすぎなんだろうか。
目の前にある船に乗り込んで、
流されるまま流されていればいいのかな。

保留にしてる会社があって、
あまり時間がないんだよね。
10年先、20年先はどうなっているのかな。

カテゴリー 日誌 : 投稿者 qs733 : 09:42 | コメント (0) | トラックバック

対岸の彼女

角田光代さんの小説。
直木賞受賞作。

私には知りえない、
女友達の関係が生々しく描かれてる。

それでいて、どこか共感できるような不思議な感覚。
人間って見れば同じだし、
男と女って見れば別物なんだろうとか。
この親にして、この子ありとか。

ふと、そんなことを考えてみたりする。

そういえば、
「男友達の関係って単純でいいね。」って、
昔ある人が言ってたのを思い出した。
今、その人はどこにいるのやら・・・。

友達って何だろう?
大人って何だろう?
大切なものって何だろう?

・・・その答えは今も出ないでいる。

書店でね、
たまたま見つけたの。
角田光代さんの本をね。
「いつも旅の中」ってやつ。
旅行記のエッセイなんだけど、
一人旅であちこち行ってるの。
うらやましい。
旅に出たいなって思ってた頃に、
見つけてね、
ほぼ衝動的に買ったけど、
世界を巡ってみたいなって、
思える本だね。
いつか・・・、
そんな旅をしてみたい。
誰も賛同してくれないだろうけど。

あとは、
「しあわせのねだん」。
お金にまつわる話。
こっちもエッセイだけどね。
だけど、お金についてこんな風に考えることもなかったし、
目の付け所が違うねって、
素直に感動しちゃう。
やっぱりコスト意識は大切なんだろうねって、
思ったり、思わなかったり。
お金って大切なものなのに、
なぜか隠そうとするよね、日本人は。
(お金に限ったことじゃないけど。)
そういうのって実はあまりよろしくないんじゃないのかな?
オブラートで包みながらも、
意識させる必要があると思う。
(それが出来る自信はまったくないけど・・・。)

エッセイ2冊も買っちゃって、
小説も読んでみたいなって、
どうせなら直木賞取ったやつにしようって、
ミーハーなノリで、
買っちゃった。
でも、この人の作品、
私は大好きだよ。
もっといっぱい読みたいな。

良い作品に出会えたことに感謝しながら。

カテゴリー 日誌 : 投稿者 qs733 : 00:32 | コメント (0) | トラックバック